FC2ブログ
へたれ水音がラノベの感想を書いたりするブログです ネタバレはなるべく無くすように心がけます!! 気楽に読んでくれれば嬉しいです><

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
:ライトノベル :レビュー :ラノベ
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん 善意の指針は悪意 2

嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん 善意の指針は悪意 2 (2)(電撃文庫 い 9-2)
入間 人間
メディアワークス
売り上げランキング: 5061


どんどん続きの感想書いていきますよ~

あらすじ

入院した。

僕は殺人未遂という被害の末に。

マユは自分の頭を花瓶で殴るという自傷の末に。

二人が入院した先では、患者が一人、行方不明になっていた。
その事件は当初、僕にとって問題となるべき事柄ではなかった。数日後に起きた出来事のほうがよっぽど衝撃的だったからだ。

数日後。
マユは、頭部と花瓶を再度巡り会わされた。
自傷じゃなく、誰かの手によって。マユは病室で血塗れになり、今回も気絶することなく自前の足で歩き、医者に治療を依頼した。
そして、治療から帰ってきたマユは、本題とは関係の無いことを僕に発表した。

死体を見つけた、と。

また、はじまるのかな。ねえ、まーちゃん。


感想

○偽りっぷりが凄いことに
主人公のぼく、前作では「みーくん」を偽ってただけだけど
元カノの 長瀬透 と名前の呼び方を二人で変えたから
今回は「透」をも偽る

今回も二人の過去の誘拐事件と殺人事件とが絡み合って
だんだんと過去が明白になっていく^^;

みーくんの本名のヒントも・・・
ヒントっていうかほとんど答えだけど

いろんな人に依存することで ぼく は存在を保っていられる
その逆もまた然り
そんな人間関係のバランスが読んでいて楽しいです><

相変わらずの衝撃の結末


この調子で次の巻も進んでほしい!

嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん―幸せの背景は不幸←1巻



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村


応援おねがいしますm(_ _)m 更新頻度、やる気、生きる気が上がります



スポンサーサイト
:ライトノベル :レビュー :ラノベ
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

水音

Author:水音
ラノベの感想をメインに記事をかいております

まだまだ読み足りないと思う最近


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


応援おねがいしますm(_ _)m
クリックすると更新頻度が上がったり
僕が狂喜乱舞します

FC2ブログランキング
クリックしてくれたら発狂します

FC2Blog Ranking

最新トラックバック
月別アーカイブ
来て下さった方々の人数
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
7623位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ライトノベル
329位
アクセスランキングを見る>>


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。